車やバイクの情報サイト

新車の販売

 自動車販売において、近年大きく変化してきたのはHYBRID車とEV(電気自動車)の普及だ。特にHYBRID車においては、トヨタがプリウスに続くコンパクトカーアクアを投入し、登録車の販売台数で1,2位を争ったり、ホンダが複数のコンパクトカーに一つのバリエーションとして加えるようになり、もはや特別なクルマとはいえなくなってきている。    最新ニュースでは日産のセレナがほぼ全車をシプルなHYBRIDを用いて低燃費化させたり、HYBRIDではないが、三菱はミラージュに減速時回生エネルギーを利用して燃費を向上させている。  これら以外でも燃費性能の向上は目覚しく、今やアイドリングストップ機能は標準装備化し、軽自動車は100m単位での燃費を競い、マツダは独自にSKYACTIVという技術でガソリン車のみならず、ディーゼル車の燃費や走行性能を向上させた。  つまり、自動車販売において重要視されるのは装備や走行性能ではなく、まず燃費が良くなくてはスタートラインにもつけないという競争になってしまった。さらに言えば、実際の燃費や、購入価格を含めたランニングコストを低減させるというより、カタログ上の数字に表れる燃費の競争と言うべきか。

 例えば、燃費はクラストップでありそしてスペースにゆとりのあるミニバン。あるいは燃費は登録車トップクラスで、低価格というように、そのクルマのコンセプトなり、売り文句の前に「低燃費」の文句がつかなければ商品説明に入れないのが実情である。

 そのため特に影響のあるコンパクトカーや軽自動車は、頻繁に小改良を繰り返してライバルに差をつけようとする。車体の軽量化やCVTの効率化を計り、アイドリングストップを装備し、可能ならHYBRID化する。HYBRID化をしない、出来ないとするならば、もう一度最初に戻ってさらなる軽量化や効率化を図る。

 低燃費の道以外に自動車販売の未来はないのか。例えばカーシェアリングという新しいクルマとの付き合い方が提唱されてもいるが、自動車を所有しないという考え方が前提なので自動車販売の打開策にはならない。トヨタが若者のクルマ離れを阻止するとした「86」も、順調な販売をみせるが、目論見通りに若者の興味をひいてはいない。

 技術面でいえば、燃費プラスαが必要であり、クリーンディゼルに代表されるガソリンより安価な燃料を使用する方向へそろそろ向かう傾向にある。国産メーカーも海外特にEU圏では販売されているものも多く、国内市場でのディーゼルへの認識も、マツダのCX-5などを見る限り問題ないと見られる。また、コンパクトカーより上のクラスであれば、世界的な流れであるダウンサイジングという手がある。排気量=ステイタスという概念を持つ日本人も、燃費のためなら受け入れざるを得ないだろう。すでにカローラが排気量を1.5L以下にし、ボディーも小型化して成功を収めている。1.8LにHYBRIDのクラウン。2.0Lディーゼルターボのフーガが出る幕はあるか。

自動車の値引きガイド新車購入の際に値引き交渉を有利に進めるコツや見積書の読み方など。
The値引き-新車価格と購入-新車の値引き情報サイト。車種ごとの値引き情報や購入時の心得、ディーラーとの交渉の進め方など。
The新車-値引き価格の情報-新車を安く買うためには様々なテクニックや交渉術がありますので、そのコツや伝授し皆さんのカーライフ充実にお役立てください。
新車の見積をもらったら細かいところまで詳細に検討しましょう。余分な費用が入っていればカットし、まずは絶対に必要な最低限のベースで考えて計算します。
すると自ずと納得のできる目標(支払い総額)が見えてくるでしょう。その目標と見積金額の差が値引き要求の基礎になります。
それを頭に入れてオプションや付属品なども加えた数パターンを検討し、支払い総額と「できあがった車」で納得のできる組み合わせを見つけます。

中古車販売店の選び方

 中古車を選ぶ時、あなたはどういった点を重視していますか?「価格」と答える方が多いかもしれませんね。他には年式や走行距離。はたまたそれら全てを含めた車の状態、というのは勿論のことでしょう。とはいえ、車自体を選択する前に気をつけておきたいのが、中古車を購入する販売店選びです。

 中古車に限ったことではありませんが、車の購入時には販売店選びは非常に重要となります。場合によってはメンテナンスや修理を依頼することになり、長い付き合いになる相手です。信頼のおけるお店で購入することが、失敗しない中古車購入の第一歩となるでしょう。

 一番無難なところで言うと、正規ディーラーでの購入です。価格は高めの設定がされていますが、安心度合いも高いといえます。その他の中古車販売店であっても、顧客の要望に的確に応えてくれたり細かくアドバイスなどをくれるお店は信頼できるでしょう。何気ない質問や疑問にも対応してくれたり、保証の確約をしっかりと行ってくれるなど、そういったお店であれば顧客側も安心できます。また、その車のアピールポイントだけでなく、修復歴があればその詳細などマイナス面の説明もきちんと行ってくれる販売店は良いお店と言えるでしょう。

 更に自社の整備工場があるお店は車に対する専門的な知識があると考えられ、頼れる販売店です。また、アフターサービスがしっかりしているお店を選びましょう。購入した後でも丁寧にアドバイスをくれたりメンテナンスに対応してくれたりと良い付き合いができるお店は信頼できます。
 
 例えば車の価格が相場より安かった場合、その理由について正直に話してくれる販売店なら良いのですが、言葉を濁したり曖昧にはぐらかされるような販売店は要注意です。万が一修復歴有りの車が修復歴がない車として販売されていても、修復後の車は素人目には判断できないほど綺麗になるので、販売店の言葉だけが頼りなのです。
 
 お店の規模や知名度など、外観だけで判断しないことが大切です。実際に、いくつかのお店を比べてみるのが良いでしょう。単純に安いというだけでなく、なぜ安いかの説明がしっかりあるかどうか。そしてアフターフォローなど購入後も親切にサポートしてくれるかなど内面を重視しましょう。お店でのスタッフの対応や店内の雰囲気、トイレが綺麗であるかどうかなど車と関係のない所でもその店の品質が表れてきます。中古車そのものの見極めは勿論大切ですが、それ以前にお店を見極めることを怠らないようにしましょう。

自動車価格や新車値引き情報のThe車com車に関する検索・リンクサイト。地域・カテゴリーごとの検索も可能。メーカー・車種別の情報やニュース、リコール情報なども提供。
自動車の値引きとバイクの情報サイト自動車とバイク関連サイト専門の検索サービスです。クルマ又はオートバイに関連のあるHPをお持ちの方なら、どなたでも登録可能です。
CarInfo~新車値引きや中古車の価格情報~各種自動車・車種ごとの特徴やコンセプト、値引き情報・中古車情報など
新車の価格や中古車の査定情報ならThe自動車新車値引きや中古車・買取査定情報、自動車保険・新型車・燃費などに関する総合情報ページ。
オートリースライフサイクル、ニーズに合わせて新車に乗れる。3~5年の契約期間を選んでムダなく乗る 合理的なカーライフプランです。
査定価格と中古車相場のThe買取買取・下取り・査定に関する情報を集めたスペシャルサイト
車査定の最大の減点対象は修復歴です。フレーム修正や板金跡などがひと目見ただけでわかるような大きな修理は仕方ありませんが、外装のキズでも、下地の鉄板まで見えないような軽度なすり傷程度なら大きな減点対象とならない場合がありますので、査定前にわざわざ修理に出すよりはそのまま査定を受けた方がよいでしょう。
買取価格と中古車査定の相場中古車の探し方や購入時の車両の見極め方、買取査定に出す際の価格相場の調べ方や高額査定のポイントなど。


Powered by "Naruse Contents Planning"

«日産自動車のラインナップ